<< 新年箸枕 一合徳利 >>
織部角皿
d0074542_6131911.jpg


写真は織部角皿。大きさは5寸ほど。(約15センチ強) 週末、鎌倉白萩さんの個展で出品するものです。


『四角四面に角たつ』という言葉がありますな。

四角四面な奴だとか、四角四面なあいさつだなと使われます。挨拶といえば先日の某大国の大統領。

頭を下げてケシカランと、自国ではタシナメられているらしいですよ。

これこそ過度がたったといえばいいのかな?

『郷に入れば郷に従え』という言葉もある。どうのこうのというつもりはないけど、

価値観は多様ということですね。多様にGO!GO!


皿。

たとえば皿などの器は、外来文化のアート(純粋美術)では枠の外である。

それでも日本人にある価値観として、器とは生と死の出会いを留め置く場所である。

食になる命と、そこから生をいただく命。

器を前にして、手を合わせ上下なく、互いの命(生)に祈ることでもある。


このような美の正体も、お辞儀する角度にウンヌンカンヌンの某大国にはないのでしょうな。

全ては損得や勝ち負けでなく、命との出会いと輝きへ尊重なのにね。


さて、いざ!鎌倉。大仏様見ながら抹茶アイス、そして四角い皿はいかがでしょう。 お粗末。  出町光識


追記 電気窯が焼成中にまたも壊れました。2基焼成中のひとつ、灯油窯は只今焼成中。
    まああ、どうであれ週末の個展では、それらの一部が並ぶだろう。
    これもハプニング?アクション?ドキュメント作品だからな。

個展 鎌倉白萩 11月21日(土)~28日(土)

神奈川県鎌倉市小町1丁目6−12 TEL 0467-25-2787

今回は普段使いのうつわを作りました。ぜひお出かけくださいませ。

応援のクリックをぽっちとな。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ



[PR]
by super-bird | 2009-11-19 06:34 | 気になるおしゃべり
<< 新年箸枕 一合徳利 >>