<< アメリカでのカップ展 鎌倉白萩 >>
鎌倉味探訪「あさ月」
鎌倉駅から小町通りへ進むと、個展をひらいている鎌倉白萩さんがある。

この連休は鎌倉は大変な賑わいで、小町通りは人があふれている。


お昼どきになり、さて何を食そうかと、ギャラリー店主Yさんと話す。

味が確かで美味しい店は、観光ガイドブックやメディアでは紹介はされない。

A級グルメ、B級グルメ、C級グルメいろいろあれど、安くて旨いものがやはり好い。


そこで小町通りを八幡さんに向かいしばらく歩くと、

吉兆庵美術館に入る辻を右に折れ、すぐ裏手をまた左に露地を折れる。

たくさんの人が並ぶ行列の飲食店があるが、その行列ができるのを横目にしながら、

もう少し進みいくと左手の袋小路に小さなメニュー黒板がでている。

地元の方に愛されている小さな店構えの『魚料理 あさ月』。


秘密な場所をめざし、行列を横目にするのは意地が悪いが、やはり格別。

あさ月さんは、食しても格別だから、もう気分は言葉にできないのだ。


正直いうとランチでオーダーした『海鮮丼』というのは苦手であった。

けして嫌いという意味ではなく、何とも見た目に比べて、

海鮮丼というのは、なかなか満足がいくものに、でくわすことが少ないからだ。

それでも『あさ月』の海鮮丼は、正真正銘に旨い。


ここの大将で板前さんの手先に見とれ、丁寧な食材の扱いと、そのさばきにのまれる。

料理に真剣。無駄口もなく、無意味な愛想もないのがいい。

そこに迷いもない訳で、リズムは乱れないのだ。


大きめなどんぶりに酢飯を手で盛り、魚や貝などをひとつひとつ重ねていく。目はくぎ付け。

刺身にある無駄な水気も取り除きながら、彩を整えるのだから、こちらも息が詰まる。

思わず手にした湯呑の熱いお茶を、いっきに飲み干してしまうほどだ。



しかし板前さんとはよくいったものだ。

まな板の上はまさに美しく、そこに立つ姿もこれに良し。そして味も良いのだから満足はいうまでもない。


さて、本当は地元に愛される店だけに、もったいないから教えたくないのだが、

『あさ月』の看板だけでも載せておきましょう。

これをヒントに探してください。


d0074542_9185621.jpg


さて、『鎌倉白萩』さんでの個展は本日もあります。その後、ランチは『あさ月』さんで。。。。。

皆さんどうぞ、召し上がれ。  出町光識

個展 鎌倉白萩 11月21日(土)~28日(土)
神奈川県鎌倉市小町1丁目6−12 TEL 0467-25-2787
※普段使いの織部と黒釉薬の器、ぜひお出かけくださいませ。



応援のクリックをぽっちとな。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-11-22 09:20 | 食事
<< アメリカでのカップ展 鎌倉白萩 >>