<< 大晦日にふりかえる みずっち巡礼 >>
かさじぞう
12月27日、真壁。久々に新潟へと出かける早朝のこと。

d0074542_012886.jpg




【施設近くの石屋さんの地蔵陰】


いつも出入りしている障害者入所の施設、真壁厚生学園にいく。

年内最終の学園開校日。入所している利用者さんを、

ご家族のもとで年末年始をすごすため、向かいにくる日である。

家族たちの向かいに会う前をねらい、8時すぎにオジャマしたら、みんな歯磨き時間だった。

昔いった修学旅行か、林間学校の匂いを想いだす。

オイラのアートコラボパートナー直くんも、寝ぼけ顔。

実家に帰る日を指折り楽しみにしていた彼だったけど、オイラの焦りもどこのその。

寝ぐせで頭はハネていた。。。


彼は3人兄弟の長男だし、家族への長男意識もかなり持ち合わせていて、

オイラも長男気質だからすぐに肌で感じた。まあ、それよりなにより、

彼に会いにきたのは12月31日は、直くんの誕生日だったから。


オイラも兄貴風吹かしたかった。ちょっと自分のことを痩せ我慢して、

書店にいきカードローンで、絵本を一冊買った。誕生日とクリスマスの合体プレゼント。


オイラは好きなり交際した、女人たちの誕生日もよく覚えていない性格。

いや、性格というよりも数字が苦手。計算は嫌いだし、数字を見るの嫌悪感。

いつも付き合っていた女人たちには、誕生日を何度も覚えられず、怒られることが多かった。

愛だの恋だの好いた惚れたという好き嫌いでなく、単に数字が覚えられないだけなのにね。理解はされない。


それでも直くんの誕生日は、偶然オイラの次男と同じ日で大晦日。だから記憶できた。

ちなみに覚えている女人は母親の元日だけ。家族ではそのふたりだけを覚えている。

父親と三男の誕生日は不明である。単に数字嫌いで、悪気がないのでご勘弁。

直くんは三男と同じ年齢というのも、偶然だから覚えれた。しかし三男の誕生日は忘れた。



d0074542_0122949.jpg

さて、直くんに送ったプレゼントは、絵本『鬼が出た』。http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.php?goods_id=656


今、一緒に作品展のために土面を作っている。彼は上手に掌で粘土を捻り、

怪獣の角や牙が好きだったから、この鬼の絵本は喜ぶと思い、迷わずに選んだ。

十分に大人が読んでも面白い内容で、世界中の鬼の物語や、

鬼に関して姿などがわかりやすく描き書れている。


d0074542_0152890.jpg

直くんと新年になり、会うまでに読んでおいてと、気恥ずかしいから、あっさりと手渡しして伝えた。

来年のことをいうと鬼も笑うしね。



オマケの話。直くんは、いつも入所している施設では消灯時間10時である。

誕生日の大晦日ばかりは、親元で除夜の鐘を聞きながら起きていても、誰もとがめない。

『出町さんも、紅白歌合戦見るの?』と聞かれた。オイラはウソついた。『見るよ。』

直くんは笑って『そうだよね。愉しいものね。』といった。

オイラはTBSで格闘技番組を見ているから、実はNHKは見ない。

新年に会えばウソがばれるから、見たようにそこそこNHKへとチャンネルをザッピングしておこうかな?

兄貴風吹かすのも楽ではない。メタボナノニヤセガマン。それとも笠地蔵かな。     出町光識


応援のクリックをぽっちとな。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-12-30 00:03 | 絵本
<< 大晦日にふりかえる みずっち巡礼 >>