<< 利川市街とカムジャタン(人情韓... ドーナッツ (人情韓国陶芸紀行3) >>
第21回利川陶磁器祭り(人情韓国陶芸紀行4)
利川(イチョン)にある雪峰公園の陶芸村と

利川世界陶磁センターなどを駈け足で紹介しましょう。

まずはイチョンの陶芸マスコットの参上!

d0074542_23335888.jpg

(TOYA)

(第21回利川陶磁器祭りの
サブテーマは
「未来のアジアをつくろう!」です)

d0074542_23345465.jpg

(雪峰公園地図)

(この広い会場は
韓国の国策として
陶磁器文化を残し
発展させていくとこです。)

今年は4月27日から5月27日までの1ヵ月間が

『第21回利川陶磁器祭り』

会期中は様々な展示イベントや

体験イベント、参加イベント、公演イベントがあります。

本日がちょうど最終日になりますね。

利川市  http://www.icheon.go.kr

利川陶磁器祭り推進委員会  http://www.ceramic.or.kr


だいぶ前の話ですがおそらく2年前に

通仁カゲでの初個展終了後に

この公園会場で

同じ茨城でお隣石岡市に住む

陶芸家 中井川由季さんにお会いしました。


オブジェの野外設置の時に

必死に作業をなさっていました。

中井川さんが『茨城でも会えないのに韓国で会うなんてね』と

言っていましたね。

(番外ですが韓国語通訳で友人 コ・ソヨンさんがいてビックリ!)


公園にはたくさんの彫刻やオブジェが

設置されていてその中のひとつです。

行かれた方は中井川さんの作品をぜひ探してみてください。


では次いってみよう~!

d0074542_233632.jpg

(利川世界陶磁センター)


ここはいつも日程と時間が会わず

4年目にしてはじめて見学が出来ましたね。


国際公募展(造形部門)が

展示してありました。

友人 尹相賢さんの後輩でお会いした人が

入選していましたね。

工房で見たものが展示してあるのに

ビックリ!!

作品がコレです。


d0074542_23364928.jpg

去年韓国の通仁カゲでの個展のおりに

当方の弟子N氏と5人でお会いしました。


おそらく4年前のトモトエスタジオ時代に

ワークショップした時もお会いしていますね。

おめでとう!



『アジアテーマ世界現代陶磁展』の企画展では

日本から鯉江良二先生と滝口和男さんが

出品されていました。

写真は見せられませんのであしからず。。。

鯉江先生は『土に還る』と『チェルノブイリ』。

滝口さんは『動物の人形シリーズ』。

これまたビックリ!!



さてさていろいろな陶磁器を

見てきましたが

もちろん

トイレも白磁でございます。


d0074542_23372829.jpg

(便器は世界を変えた
アートのひとつなので
あえてご紹介~)



外に出ると生憎の雨。

もう会場も幕締めの6時ですね。

平日ともあり人出も少なく

皆さん片付けていましたが

陶芸村は店じまいが多かったです。


d0074542_23382487.jpg

(店の数は
確か160件ぐらいと
言ってたかな)


偶然なんですが。。。

d0074542_2339683.jpg

(チングの金英基ブース)

(奥さんのカントリー趣味に
英基さんの器がチラチラと。。。)

友人の展示ブースを発見。

ハングルは読めないのですが

時間もないので自分が先人として

タッタカターと

真っ直ぐに歩いていったのですが。。。


縁や繋がりとは怖い物ですね。

やはり、すべてが必然なのでしょう。。。


そこでは奥さんが店番をしていました。


英基さんは工房の方で

仕事をしているということで

一緒に帰り道を共にしました。


d0074542_23352826.jpg

(TOYAも手を振っています。)



工房で久しぶりの英基さん。

前に工房にいたペット犬は

外犬になっていました。

前は粘土もウンコも一緒だったんですが。。。。

当方の弟子Hさんにも

良くしてくれました。  カムサハンニダ~!


d0074542_172275.jpg


Hさんが『出町先生と英基さん同じ目です。。。ピーっと細い。。。』

そうです。

彼と僕は韓国・日本でもモンゴル系です。

だからいつも喧嘩しています。。。相撲相撲と言っておきました。 ははは。


今回韓国の日程にはなかったのですが。。。

違う回り道で予定と縁。

李圭卓さんとの夕食会に戻りました。   出町光識


応援のクリックを。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気blogランキングへ
[PR]
by super-bird | 2007-05-28 02:07 | 美術to工藝
<< 利川市街とカムジャタン(人情韓... ドーナッツ (人情韓国陶芸紀行3) >>