<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
織部彩泥堆朱碗
d0074542_12474880.jpg


【織部彩泥堆朱碗】

得意にしている織部釉薬と、

新技法の彩泥を塗り重ねた堆朱の碗。(どんぶりですかね。)

この暑さで今は食欲のないですが、

秋の展覧会に向けては、ご飯茶わんやどんぶりを、

たくさん作っています。どれも1点ものなので、

似ているようですが、同じものはありません。


涼しくなると食欲わくかな~~~。  出町光識



ランキング応援のクリックをポチポチ。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2010-08-30 12:55 | うつわ
糠白ビールカップ
d0074542_1716537.jpg









□ 糠白ビールカップ 3,675円


土モノの陶器には、使い手を選ぶというクセがあります。

どのようなことかというと。。。


たとえば、多くの飲食店では扱いやすい磁器モノが、

丈夫なことからテーブルにのります。

なぜなら従業員さんだけでなく、不特定多数の人が使うことからです。

どんな乱暴な扱いにも、割れないということですね。


磁器はオシャレで見かけは繊細に見えますが、

ぶっきらぼうさん!OKなんですよ。


でも土モノは、使う人を選ぶです。

あやういからこそ、そこが土モノの魅力です。


自分の家で、まったりとした時間ぐらいは、

とっておきのマイカップの土モノを使う方が、

案外と小さな幸せ?贅沢でないかな?と思いますね。

自分との相性。繊細でモロイ関係なんて、色っぽいですよね。


この暑い夏。

まだまだ、泡立ちの良い土モノでのビールは、必需品!!!

まああ、オイラはお酒なら何でもいいのですけど。。。


こんなこだわりあるようで?ない?

自分のビールカップですから、

通常の土モノよりは、丈夫に堅焼きしていますから、

意外と割れませんよ。 ははは。


陶土をロクロで成型したスッとしたフォルムに、

2種類の灰釉薬をつかって、焼きで釉薬を流しています。


この器は人気で、夏の定番ですが、

大量には作っていません。

数に限りがありますので、よかったら下記まで、

お問い合わせくださいませ。

東京猿楽町にある和食器屋[代官山 暮らす。]http://ameblo.jp/room-jj/entry-10614486247.html
[PR]
by super-bird | 2010-08-09 17:36 | うつわ