タグ:アートプロジェクト ( 177 ) タグの人気記事
茶の湯
f0230584_10384294.jpg

【真壁手黒茶碗 2008年出町作
 ナツメは銘 川太郎です。】


先週の日曜日には自分がつくった茶碗で、

裏千家 会津若松支部の先生たちに

水族館のイベントで、お茶をたてていただきました。

遊びに訪れた多くの親子、カップル、子どもたちと楽しい1日。


詳しくは以下のブログで。。。。。

内容は陶芸家にしては過激化も。。。。

出町光識の産土美(うぶすナビ)http://ubusuna.exblog.jp/13738660/ 


ご覧くださいませ。  


ランキング応援のクリックをポチポチ。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2010-05-18 13:36 | うつわ
ワークショップという挑戦へ
生きざま×共感する個性=無限 ∞ワークショップ 
 
 ワークショップってなんだろう?ペインティングやインスタレーション、パフォーマンスと同じく、アートのなかで確立したひとつの表現ジャンルである。いつもワークショップという現場の立ち、出会う人たちと宝もの探しをしている。その思考や経験を例にあげながら、この機会に少しまとめて考えてみたい。

1 ワークショップという挑戦へ

 陶芸あるいは粘土表現というスタンスから、常に周囲のイメージとして、自然素材に癒される感じや、軟らかく簡単に形にしやすいことから、障害のある方には、趣味や軽作業に向いていると思われることが多い。これは子どもや高齢者に向けて認識も同様にいます。でも自分が考えているワークショップという認識では、それがかえって教育や陶芸教室、職人的作業などの体験へと、短絡的に求められる状況でもあるのです。それらの上下関係や、一方通行的な教えというのは、ワークショップ目標とは程遠いものと考えられます。単に答えや成果を出すことが、ワークショップで向き合う相手との目的でないからです。例えば小学校にワークショップに行き、そこで行動・認知主義の【できる】【わかる】などをおこなうのであれば、先生たちの方が教えることは得意なはず。そこでアーティストがワークショップをする目標は、開かれた場で誰かと向き合い、共感することだと思います。ものごとが一方的に閉塞感になりがちな状況や、知識や競争の相対化を生むことに、アートの包み込む力で、ワークショップでの感動の分かち合いや、行動したことにお互い話し合いをする。または、誰かにとって精神的にも逃げ込みやすい、緩い場所をつくることだと考えてもいいかもしれません。学校に保険室や、美術準備室のような環境があることに、ワークショップは似ているのでないでしょうか。


アートコラボラボ2010【いつも静かに笑っている】図録文章から、抜粋その1。   出町光識

(以下つづく。。。。)

応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ

d0074542_23223477.jpg

 代官山 暮らす。 by room+J design  http://www.room-j.jp
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町20-13 メゾン三景101
 TEL 03-3477-0723   営業時間 12:00~20:00(日曜日・祝日は19:00まで)
 ※ 水曜定休
 出町光識 春の陶展  3月5日(金)~3月30日(火 )

[PR]
by super-bird | 2010-03-11 15:10 | ワークショップ
学生さん!卒業ですな!
先ほどまでファミレスでアートコラボラボ展覧会図録の打ち合わせ。

デザインを担当する南阿豆さんを駅まで送りました。




その後帰宅。


美術館で手渡され鞄のなかにしまった、

ある熱い?厚いレポートをとりだす。


今展覧会でボランティアしていただいた、

ラボラボ隊として影で活躍した

真面目な?女学生さんの書いたもの。

ななめ読みですが、すべてレポート全文読破。

よく勉強しているな~と、フムフム感心。


これを読むかぎりでは、実のところは、

今回参加したアーティストさんより、たぶんね、

障害者を取り巻く、福祉、芸術、地域などの取り組みを

いろいろな現場見学したり、さまざまな書籍を読んだり、

調べたのだろうなと思いました。スゴイよん。


まあ、勉強はしたから良い訳でもないけど。。。(ぷっ)

いろいろと知っていて損はないよね。

できる、わかるはそれはそれで重要だもんね。


でもきっとその女学生さんは、

できる、わかる、からもう一歩先の

寄り添いたり、分かち合った現場で、

障害のある利用者さんたちや、

アーティストさんたちと一緒に

感動していたのだろうなと今更に思った。


女学生さんよかったね~。(オイラも多少は人の役に立ちましたね)


これだったら、みんなでアンコウ鍋で大酒呑んだ時に、

酔っ払って、もっとクダ巻いておけばよかった。ははは。


ここまで調べて知っていたら、もっと障害者とアートのことは、

話し合えたろうに残念ですよ。もっと突っ込んで話せたのにね。

まあコリゴリだろうけど。(ぷっ)

とにもかくにも女学生さん!卒業おめでとさん!   出町光識

~お礼の言葉~
アートコラボラボアーティストのみなさん本当にお疲れさまでした。
とりあえず、展覧会も無事終わり。多くの方に美術館に足を運んでいただきました。
各施設の利用者のみなさんはもとより、そのスタッフや関係者のみなさん、
そして保護者のみなさん、本当にありがとうございました。
それから展覧会のポスターやチラシをみて、遠いところ足を運んでくださったみなさん、
なぜだか偶然こられたみなさん、濱田庄司展のついでにきたみなさん、
海外からの観光でこられたみなさん、そのほか知人の方々や、
近隣の美術館学芸員さんや、遠方の美術館学芸員さんや、館長さんなども
本当にありがとうございました。
とりあえず展覧会は終了しましたが、何か、またはじまりのような心境でもあります。
それではいずれまた。ひとまずの成功に心から感謝いたします。   出町光識

追記 県民ギャラリー担当のYさん、いつも笑顔をありがとうさんでした。またね。


応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ

d0074542_23223477.jpg

 代官山 暮らす。 by room+J design  http://www.room-j.jp
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町20-13 メゾン三景101
 TEL 03-3477-0723   営業時間 12:00~20:00(日曜日・祝日は19:00まで)
 ※ 水曜定休
 出町光識 春の陶展  3月5日(金)~3月30日(火 )

[PR]
by super-bird | 2010-03-08 00:00 | 気になるおしゃべり
中休み、お疲れさまです
『いつも静かに笑っている~元気なアートコラボラボ2010・桜川芸術祭』
主催・文化庁 アートコラボラボ実行委員会  会場・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
日時・2月24日(水)~3月7日(日)
参加アーティスト 折元立身 吉田重信 城彰宏 伊藤虹 箱崎りえ
            松田路子 杉原信幸 出町光識


この数日は展覧会搬入。初日。

アートトーク。イベント。オープニングパーティ。

などなどが目まぐるしくありました。


実行委員長さん、副実行委員長さん、

関係各位のみなさん、裏方スタッフのみなさん、

アーティストのみなさん、

コラボパートナーのみなさん、


トークゲストである茂木健一郎さん、

やまなみ工房 山下完和さん、

福島県立博物館 川延安直さん、


パフォーマンスをおこなった

折元立身さん、(元田さんも!)

伊藤虹さん、本当にお疲れさまでした。

明日は美術館休館で中休み。

そして皆さんとは、連日吞み会!でしたな。

オイラは自我の毒素?が身体にまわっているので、

アルコール消毒を胃から五臓六腑へとおこないましたよ。

ビール、ワイン、ウイスキーと次から次に、

消毒しました。


展覧会タイトル【いつも静かに笑っている】というのは、

宮沢賢治さんの手帳にあったの詩ではない、

【雨ニモマケズ】という魂の言葉からいただいた一文です。

実際は賢治さんも、そういう自分でなかったのではないでしょうか。


本当は、本当は。修羅だったのでしょう。

まさしく季節がら、春の修羅ともいえますな。


すべては秘すれば花ですが、

呑んだ席でのアーティストの本性や、

修羅のやりとりが面白いのですよね。

まさに番外編!夜の展覧会ですよ!


他人に揺れる感じる心や、感情の振れ幅は、

まさしく大地に起こる地震のごとくマグネチュードな激震で、

血と、涙と、汗が津波となって人という丸い器で、

ちゃっぷんちゃぷんとなっていました。


みんな思うところは、たくさん良くも悪くもあるみたいでしたね。

それでも答えは自分と向き合うことしかないのですよね。

当然オイラ自身もそうなのですが、

賢治さんが手帳に書き込んだようにね。

誰も人は無力なものです。    出町光識


とりあえず!明日は美術館は休館日です!!


応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ




~展覧会のご案内~

小さくかわいいお店でのセンスの良いマグカップよるのグループ展です。
d0074542_956243.jpg

●I LOVE MUG 手仕事のマグカップ展 2月5日(金)~3月2日(火)
代官山 暮らす。 by room+J design  http://www.room-j.jp
 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町20-13 メゾン三景101
 TEL 03-3477-0723
 12:00~20:00(日曜日・祝日は19:00まで)

http://ameblo.jp/room-jj/entry-10454591618.html
[PR]
by super-bird | 2010-02-28 23:02 | 気になるおしゃべり
大漁船
開催された【いつも静かに笑っている展】の入口には、

蓬莱舟に百ダルマが乗っています。

障害のある方が、それぞれ思い思いに

色を塗ったダルマさんです。

d0074542_1394765.jpg



この作品は各4つ施設がひとつになって作った作品です。

今回アートコラボラボではパートナーにならなかった、

施設の利用者さんが、総勢100人もかかわった作品です。

吉原副実行委員長さんの起っての想いで、

みんなが参加できるようにと、企画したものです。


ダルマは茨城民芸品 那珂湊ダルマ。

舟のモデルは村松の宝船です。


船には蓬莱舟と名付けました。

そして船が行く、大海原のそれぞれみんなが八十島に

到着できるに想い込めました。


そしてこれには、自分たちの施設内では、

アートコラボラボによるアーティストさんが行くことができなかった

紫峰厚生園さんたちの利用者さんが色塗りしました。


そして制作には、多くのラボラボ隊のボランティア女性陣が関わり、

なんだか大きなものになったようです。

ぜひ会場でカラフルな宝船をご覧ください。


そして個人的な予告ですが、

次回の福島県いわき市での企画展でも、

またまたオイラは蓬莱舟を作りま~す。そこんとこよろしく~。出町光識

d0074542_1524012.jpg





『いつも静かに笑っている~元気なアートコラボラボ2010・桜川芸術祭』
主催・文化庁 アートコラボラボ実行委員会  会場・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー

日時・2月24日(水)~3月7日(日)

参加アーティスト 折元立身 吉田重信 城彰宏 伊藤虹 箱崎りえ
            松田路子 杉原信幸 出町光識

※2月26日 アートトーク 
      茂木健一郎(脳科学者)× 山下完和(やまなみ工房)×川延安直氏(福島県立博物館主任学芸員)

  2月27日 パフォーマンス 指人形 折元立身    舞踏 伊藤虹



応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ



~その他、展覧会のご案内~

小さくかわいいお店でのセンスの良いマグカップよるのグループ展です。
d0074542_956243.jpg

●I LOVE MUG 手仕事のマグカップ展 2月5日(金)~3月2日(火)
代官山 暮らす。 by room+J design  http://www.room-j.jp
 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町20-13 メゾン三景101
 TEL 03-3477-0723
 12:00~20:00(日曜日・祝日は19:00まで)

http://ameblo.jp/room-jj/entry-10454591618.html


●私のお気に入り展ーⅤ 2月20日(土)~2/28(日)
 ギャラリー創芸工房 〒971-8141 福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
 TEL 0246-29-3826
60人の作家が、それぞれに、ぐい呑み・香合から動物など手のひらサイズ作品展示
伊藤由季子・稲葉浩之・稲吉善光・大崎透・大谷巌・蒲公子・亀田大介・川口江里・児玉良介・小林健・
近藤保・西郷匤史・さがわはるな・佐々木恒子・佐藤大寿・澤田勇人・島崎小乙里・清水之女・陶俊弘・
杉山洋二・鈴木環・高橋力弥・詫摩まり・竹内靖・竹内知恵・田崎宏・田鶴濱守人・丹野良平・伊達義道・
田部健次・田山健司・塚本朱音・筒井修・出町光識・中川浩道・難波立子・新谷文代・西片亮太・根本達志・
根本峻吾・根本博幸・根本聡子・野口孝寛・能登朝奈・能登美登利・箱崎りえ・長谷川正治・平林昇・
廣部克爾・星尚子・ホソブチリク・真木弘姫・真木未波・三木英勝・村上東市・山崎淳司
[PR]
by super-bird | 2010-02-26 01:59 | 気になるおしゃべり
レインボー宝船!
d0074542_0302431.jpg

2月5日。社会福祉作業所 時計台でのワークショップ。

元気なアートコラボラボの展覧会に向け、

桜川市内にある紫峰厚生園さんの利用者3名さんと、

宝船をペイントワークショップ。

d0074542_0254463.jpg

これは3つの知的障害者施設協同でおこなう

コラボレーション作品のメインのパーツで、

茨城に昔からある大漁祈願の民芸品【村松の宝船】を

モデルに形作られたものです。

ラボラボ隊(アートコラボラボサポーター)として

蛭田明子さんがコツコツと制作に携わってくれました。

d0074542_0243171.jpg





【蛭田さん!】

いつも以上に大きな作品に好きな色を自らつくり塗るということで、

参加してくれた大笑い得意なケイちゃんをはじめ、

みんな真剣に色塗り遊びましたね。


突然のご指名にも関わらず、

色塗りにはアーティスト 松田路子さんも笠間からかけつけてくれ、

頼りになるワークショップ指揮してくれましたよ。

d0074542_0275026.jpg

d0074542_028272.jpg

d0074542_0293496.jpg

厚生園さんの3人は、蛭田さんや松田さんと

コミュニケーションをとるのが照れながらもウレシイそうでしたね。


手も染まり、服も染めて、

宝船は夢のレインボーシップへ完成!!

d0074542_0343388.jpg

この船に各施設でみんなが作ったダルマが100体乗ります。

これまた茨城の那珂湊ダルマを、利用者さん各自が好きな顔をつけて

思い思いに色染めた作品です。


お披露目は今月24日から笠間にある

茨城陶芸美術館での展覧会をお楽しみ!   出町光識



応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ



~展覧会のご案内~
d0074542_1044582.jpg

『いつも静かに笑っている~元気なアートコラボラボ2010・桜川芸術祭』
主催・文化庁 アートコラボラボ実行委員会 
会場・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
日時・2月24日(火)~3月7日(日)
参加アーティスト 折元立身 吉田重信 城彰宏 伊藤虹 箱崎りえ
            松田路子 杉原信幸 出町光識
※2月26日 アートトーク 
      茂木健一郎(脳科学者)× 山下完和(やまなみ工房)×川延安直氏(福島県立博物館主任学芸員)
  2月27日 パフォーマンス 指人形 折元立身
        舞踏 伊藤虹

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
うつわ展のおしらせ
小さくかわいいお店でのセンスの良いマグカップよるのグループ展です。
d0074542_956243.jpg

I LOVE MUG 手仕事のマグカップ展 2月5日(金)~3月2日(火)
代官山 暮らす。 by room+J design  http://www.room-j.jp
 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町20-13 メゾン三景101
 03-3477-0723
 12:00~20:00(日曜日・祝日は19:00まで)
 
[PR]
by super-bird | 2010-02-06 00:10 | ワークショップ
鬼の目にも涙
障害のあるかたとアートコラボラボやっていることもあり、

学園休日でもなにかと用事があり、

施設に行くことがあります。

昨日もお邪魔すると、大橋さんがオイラを発見。


いつものような笑顔で迎えてくれます。

この日はどうにもこうにも忙しく、

短い時間のみの滞在でしたが、

彼女はお手伝いやお見送り。

d0074542_8432945.jpg

なので、なので何もできない自分は、

写真を撮りました。パチリ。

ギゼンシャといわれようが、帰りの車で涙がでた。


彼女が舞踏家 伊藤虹さんとのアートコラボで、

美術館で踊る姿が楽しみだな。がんばれ大橋さん!


もうひとつの学園では、

折元立身さんのワークショップ準備。

d0074542_8442442.jpg




【パン人間も急遽やることに。。。】

そこへ、飯島くんが遊びにやってくる。

オイラのコラボパートナーです。


『出町さん!節分だから紙のお面作ってみたんだ!』

『おお。直ちゃん!見せろ見せろ~』

『今、持ってくる~!』

d0074542_8445637.jpg




【あかおに、あおおに・飯島直樹くん・オイラ】

誰もが優しく、誰もが離れていても

つながっていると感じた。涙。

勇気をありがと。   出町光識


応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ



~展覧会告知~
d0074542_1044582.jpg

『いつも静かに笑っている~元気なアートコラボラボ2010・桜川芸術祭』
主催・文化庁 アートコラボラボ実行委員会 
会場・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
日時・2月24日(火)~3月7日(日)
参加アーティスト 折元立身 吉田重信 城彰宏 伊藤虹 箱崎りえ
            松田路子 杉原信幸 出町光識
※2月26日 アートトークゲスト 茂木健一郎
  2月27日 パフォーマンス 指人形 折元立身  舞踏 伊藤虹
[PR]
by super-bird | 2010-01-25 08:46 | 気になるおしゃべり
折元立身さんと鍋焼きうどん
1月20日、川崎。

川崎市に住んでいる現代美術作家 折元立身さん宅に、

展覧会へ出品する作品借用にあがりました。

いわずと知れた折元さんは、ベネチアビエンナーレにも参加した

今の日本を代表する作家。その人間そのものが面白くない訳がない。。。。


川崎へと高速道路を降りて、まず何をおいても町の雰囲気がイイのだ。

町が生き生きしていること。昭和のまま。

ノスタルジーで懐かしいとかでなく、どっこい生きている!存続している感じ。

それこそアートなのだろうな。


オイラが住んでいる、陸の孤島・僻地・茨城県真壁とは、活気が違う。

実家のある埼玉県川口にも似てはいるが、それとも違う。


工場地帯、大型トラック、人通りある商店、買い物で賑わう店先、

超ミニスカートからジャージが出ている髪の長い女子高生、

ふたり乗りで自電車に遊ぶ汚れた顔の子どもたち、

何台も走る高齢を乗せたデイケアサービスの自動車。

生きてるとは匂いと必死な猥雑さだね。


そんな近くの辻で、オンボロ自電車に乗る折元さんと、

運よくその日はご対面。折元さんはオイラたちのために、

昼飯のうどん玉を買い物に出かけていたのだ。


残念ながらこの日、自宅にはお母さんの男代さんは、

デイケアサービスで不在でしたが、

その分、折元さんとはゆっくりとお話ができました。


家中に溢れる?散らかる?ゴッタカエス?作品群の山から、

作品選別と展示打ち合わせ、ワークショップの段取り準備などしました。

そして昼飯には折元さんお手製の鍋焼きうどんを御馳走に。


色々なことを全身全霊に、五感から感じた日。

もったいないから書くのはこのあたりでやめにしましょう~。


ウソ。


あまりに多いと脳内の片付け整理ができないのですよ。ゴメン。


本日はカッコイイ!折元立身さん!!ありがとう!この出会いに感謝!!   出町光識


応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ



~展覧会告知~
d0074542_1044582.jpg

『いつも静かに笑っている~元気なアートコラボラボ2010・桜川芸術祭』
主催・文化庁 アートコラボラボ実行委員会 
会場・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
日時・2月24日(火)~3月7日(日)
参加アーティスト 折元立身 吉田重信 城彰宏 伊藤虹 箱崎りえ
            松田路子 杉原信幸 出町光識
※2月26日 アートトークゲスト 茂木健一郎
  2月27日 パフォーマンス 指人形 折元立身  舞踏 伊藤虹
[PR]
by super-bird | 2010-01-21 07:38 | 気になるおしゃべり
光りの国から
1月19日、本日も結婚式引き出物のぐいのみのロクロ仕上げ。

さてさて、そのあいまを縫って真壁厚生学園と真壁授産学園へ行く。

なぜならアートコラボラボワークショップに、

福島県いわき市在住の現代美術作家 吉田重信さんが、

やって来くるからだ。遠いところありがとうございます。感謝。


d0074542_0593652.jpg





【利用者さん?なんでしょう。。。。。???】


アートの先輩である吉田さんと初めて会ったのは、1995年のこと。

水戸芸術館で開催された【ジェームス・タレル 未知の光へ展】での

作品展示ボランティアのことである。

現在では日本でも有名なアーティスト タレルさんも、

当時は本格的な初個展にもかかわらず、展示ボランティア呼びかけには、

わずか1名しか来なかった。それがオイラである。

とても今では信じられない話ですね。


そこでひょんな場所で吉田さんとお会いしたのです。

吉田さんは全国で活躍する光のアーティスト、

探究心も強くタレルさんの光のアートにも、

関心があったということからの縁です。


もう15年ですか。。。。長いですね。

やっと吉田さんを招待できる企画が、出来るようになりました。

今回のアートコラボラボですね。。。。グスン。ははは。


d0074542_051177.jpg






【右 ワークショップする吉田重信さん】

本日障害のある参加者の彼等と、光のワークショップ。

さて、どんな作品ができますかな。

d0074542_0542563.jpg


ちょこっとお披露目。。。。

d0074542_0574450.jpg


本格的には2月からの制作になります。お楽しみお楽しみ。。。   出町光識


応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ



~展覧会告知~
d0074542_1044582.jpg

『いつも静かに笑っている~元気なアートコラボラボ2010・桜川芸術祭』
主催・文化庁 アートコラボラボ実行委員会 
会場・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
日時・2月24日(火)~3月7日(日)
参加アーティスト 折元立身 吉田重信 城彰宏 伊藤虹 箱崎りえ
            松田路子 杉原信幸 出町光識
※2月26日 アートトークゲスト 茂木健一郎
  2月27日 パフォーマンス 指人形 折元立身  舞踏 伊藤虹
         
[PR]
by super-bird | 2010-01-20 01:03 | 気になるおしゃべり
お空に還そう!
新潟南区アグリパークにて、泥花プロジェクトの農事暦最終章として、

アート歳の神がおこないました。

d0074542_8514615.jpg


あえて個人ブログなので歳の神としますね。

歳の神とは、豊作の田の神や昨年の歳神を空へと還すという、

日本各地にある民間信仰による新年の風物詩であります。


今ではエコなど環境問題や野焼き禁止など、

この風物詩ができなくなった地域も多いようです。

もちろん農村地域でも、昭和の高度経済成長で、

このような日本らしい風物を捨ててきたということもあります。


だからアートユニット空土のわがままな提案を、

水と土の芸術祭実行委員会さんや、

地域サポーターであるKさん、やOさん、Tさんの

お知恵とご足労を願って実現となりました。


そしてどんど焼きでなく、歳の神にこだわった心があることは、

とても大切なことだと思いますし、新潟県人の心意気なのだと思いますね。

d0074542_9451686.jpg


1月10日の歳の神準備ときから、天地人の皆さんを中心に、

手際よく神さまの依代を作っていきます。

d0074542_9461271.jpgd0074542_9452946.jpgd0074542_9462347.jpg

d0074542_9511534.jpgd0074542_9512843.jpg
d0074542_9514386.jpgd0074542_9523344.jpg


この地区には歳の神はなく、近隣でも昭和30年代頃から、

あまり見られなくなってきたようです。


さて、1月11日は歳の神イベント本番。

挨拶のセレモニーや、南阿豆さんの奉納舞踏、

地域代表の方の点火式。

d0074542_1063841.jpgd0074542_1065175.jpg
d0074542_1071983.jpgd0074542_1073020.jpg


d0074542_10341434.jpg
d0074542_10342946.jpg

とても盛り上がり、見学参加に集まってきた皆さんからは、

『子どものときにやったきりで懐かしい。』とか、

『みんなで火を見るのはいいな。』

『楽しいから毎年やりたい!えっ今年だけなの?』

など楽しむ姿や声が見られました。

d0074542_9543854.jpgd0074542_9545013.jpg

するめ、餅をシノダケに提げて焼いたり、

各家庭から持参したお飾りとしめ縄も、お炊き上げされました。

なんとか無事に、田の神、歳の神、その他の神々も

元のところへみんなお空に帰っていきました。


その後はラーメン勝吉にて、クロージングパーティを地域の方中心に呑み会。

もう。。。。2日間呑みあかしたように思いますが。。。。

とても天地人の皆さんは底抜けに明るく、お元気でしたね。


d0074542_101557.jpg

本当に新潟のみなさん!最後まで逃げ出さず!ありがとうございました。

この男の心意気!新潟県人の気骨さ!そしてしなやかな呑み助ぶり!

けして忘れず、心の支えにしたいと思います。   出町光識



新年も応援のクリックをぽっちとな~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ

~展覧会告知~
d0074542_1044582.jpg

『いつも静かに笑っている~元気なアートコラボラボ2010・桜川芸術祭』
主催・文化庁 アートコラボラボ実行委員会 
会場・茨城県陶芸美術館 県民ギャラリー
日時・2月24日(火)~3月7日(日)
[PR]
by super-bird | 2010-01-12 09:44 | 気になるおしゃべり