タグ:韓国 ( 38 ) タグの人気記事
リアル海原はニライカナイでもある。
一昨日。東京での【ですから展】FUUROさんから帰宅するとき、呑み仲間Tさんの自動車で茨城に帰宅。

なのでとりあえずビールでも呑もうと誘われ、KASUMI カスミに立ち寄ってビールと食材など買ってくると、

駐車場に停めた車内にひとり残される。しばらくするとバッタリ会ったあるTさん知人男性を連れていた。

遠目から見てもビールケースを持つ姿勢の良さに、ただものではないとすぐに承知。感の鋭いオイラ。

d0074542_019169.jpg

後々呑む席で元海上自衛隊勤務と聞かされ、案の定立ち姿は美しいはず。

人間というのは習い覚えたことはなかなか抜けない。テレビで観た【ボーン アイデンティ】や【Uボート】。

それに昨日の【亡国のイージス】と、なんとなく面白い出会いであったな。彼はそれらの戦争海洋映画を

観ることができないらしい、ツラクなるといっていた。自衛官を辞めて今なおその頃の勤務に、

悩まされている雰囲気を少し感じた。現実のこの世も何処に住むかで人のリアルはまったく異なる。


北海道から広島まで任務は転勤が多いらしく、航空機爆破事件現場の処理や、硫黄島なども行ったらしい。

その悲惨さは人の感覚を簡単に破壊しはじめる。世間にあるテレビやニュースに露出は、

あくまで一部の影にすぎないから。そして作られたリアルでもある。

もちろん宴席でそんな体験話の端っこを聴いても、オイラとて脳内想像というリアルにすぎないけど。


【ですから展】の搬入日、落ち込んでしまった。かなり自分の未熟さから嫌気が出て、

オーナーさん秘蔵高級ワインを2本あけた。甘ったれである。

展覧会において【死】のテーマが、どれほど作品にリアル感があるのかということで。。。。リアルってなんだ。


展覧会初日朝。電車に乗り揺られると、見知らぬ気のフレタ女性が一人で笑顔で捲し立て話していた。

彼女の口からはリアルという単語が連呼され、すべてのワードの頭にリアルはついていた。

何故そのようになった気が違ったのかというほどに、叫ぶ内容も際どく、話す内容も四方八方に飛んでいた。

リアルに直面し生きれば、その尊さで重くもなるし、逆に軽くなるのも重要なことにも思った。




さてこんな重喜劇な出だしの話から、【ですから展】メンバー紹介は、少々キツイがそれも風情とね。OK。


さてさて1階の作品からこれ。

d0074542_1113835.jpg




【ですから展・タチアキヒロ作品】

初日の落ち込みなオイラを、優しく話で癒してくれたのは、タチアキヒロさん。

グループ展とはそんなものだよ。主催する人は必ずそうなると、気をつかってくれた。

タチさんの持つ心のひだは、色使いの豊富さにも出ていて、誰しもが感じてしまう力量がある。

滲む色は誰かれなく、人の心に滲むのだろう。今回もそのような絵画作品とオブジェを出してくれました。

d0074542_112137.jpg


ありがとうタチさん。





では次は寺坂安里さん。そういえばタチさんも今回初めて出会った寺坂安里さんの、

真の強さというか真面目さを、しっかりを見抜いて褒めていらっしゃいましたよ。

d0074542_1125587.jpg






【ですから展・寺坂安里作品】


不思議な雰囲気をまとう彼女は、あまり本性を見せないタイプなので、本当のところはワカリマセン。(笑)

それでもちゃんとした女の子であるのは分かるところですね。レトロな雰囲気な絵を好んで描いていますが、

時代浪漫レトロの留めた感じが好きというよりも、逆の違った意味で何かに移ろうという時代の

雰囲気があるところが、好みだと話していた記憶がありますね。

会場の片隅には小さなグッズも並んでいますから見てあげてください。

d0074542_1135779.jpg





次はギャラリー2階から篠田由貴さん。



d0074542_1142598.jpg





【ですから展・篠田由貴作品】


大きな作品を3点シリーズで出品してくれた彼女は、今回1番若手で大阪芸大4回生。

モチロン大阪から参加。深夜バスで搬入日から駆けつけてくれて、初見ながら想像通り雰囲気の持ち主。

自称 深夜徘徊自電車少女?自転車が似合います。大きな作品を見るやいな、

また遠く韓国から来たオ・ジュヤンさんが、カヨワイさがホットケナイと大きな絵の展示手伝いをしていました。

グループ展の良いとこですね。2階のメイン的な作品です。




もう一人は韓国からユン・サアヒョンさん。

d0074542_1145862.jpg





【ですから展・ユン・サヒョン作品】

ファッションデザイナーの奥様が、初めてのお子さん出産予定が間もないということで、

とても来日したがっていましたが、オイラの方からNG駄目だし。絶対来るなと留めました。

残念ですが仕方ありません。人生とはそんなものですよ。おそらくは今回制作した作品が

パパ以前の最後の作品にあるでしょう。これから韓国で期待される若手陶芸家でトップクラスの人です。


まだまだ他にも作品は並んでいますが、20日(土曜日)までとなってますので、

皆さん、目白にあるギャラリーFUUROさんにお出かけくださいませ。お待ちしております。   出町光識


追記 次回個展に向け、本日はラスト窯焚き。オイラお疲れで少々ネムダルです。さようなら。

★EXHIBITION-NEWS★
6月10日~20日 ギャラリーFUURO目白
東京都豊島区目白3-13-5イトーピア目白カレン1F   TEL 03-3950-0775
第1回 @PARTY ですから展 
大西千春 オ・ジュヤン 小谷野夏木 篠田由貴 タチアキヒロ
寺坂安里 出町光識 名村ミサ 新田慎二 沼野秀章 ヒライニューシステム
藤田夢香 藤永 釉子 古田 恵子 松尾 栄太郎 松田 路子
マルジャーン・ヴァファーイヤーン みどり根子 南阿豆 山崎良 ユン・サヒョン                    
※異種アーティスト絵画・版画・彫刻・陶芸・写真・舞踏などのグループ展。



応援のクリックをぽちっとな~と。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-06-15 10:51 | 気になるおしゃべり
チャミスル
d0074542_0241958.jpg


韓国から帰国して何日経ったか?騒がしい韓国友人はソウルで元気か?

日本で独りチャミスルを呑みながら、思い出す祭りのようなソウルな日々。

お世話になっているギャラリーオーナーさんが、得意にしてる焼酎のマッコリ割りイッキ合戦。

d0074542_026921.jpg

嗚呼韓国の皆に会いたいな。チャミスル。

どんどん皆が酔いつぶれるなかで、オイラも何処かのトイレで思いっきり転倒、後頭部強打。

『糞~!!こんなところで負けてたまるか~!!』そんなに叫んだ記憶の欠片。

瘤のデキタ頭。嗚呼、次韓国は行ける日は??

6年計画ぐらいうちにソウルに移住するかな?チャミソル。

韓国懐かしい。独りチャミスルナメル。人は何処でも生きられる自由なはずだ。

チャミスルが五臓六腑に滲みる夜。   出町光識


応援のクリックをぽっちぽっちとでござる。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-14 00:28 | 気になるおしゃべり
ヒトハナサカス(약속의 땅)
d0074542_18413188.jpgd0074542_1846495.jpg
d0074542_1846173.jpg
d0074542_18465872.jpgd0074542_18471234.jpg
d0074542_18475636.jpg
d0074542_18473069.jpg
d0074542_18504376.jpgd0074542_18513144.jpg

d0074542_1852201.jpgd0074542_18521039.jpg

d0074542_18525286.jpg

d0074542_18533772.jpg
d0074542_18542018.jpgd0074542_18554831.jpgd0074542_18564181.jpg
d0074542_18565838.jpgd0074542_18571337.jpgd0074542_18583577.jpg

d0074542_191493.jpgd0074542_1931771.jpg
d0074542_1933115.jpgd0074542_1934667.jpg
d0074542_1962911.jpg
d0074542_1964420.jpgd0074542_197054.jpg
d0074542_198213.jpgd0074542_1981737.jpgd0074542_1994740.jpg
d0074542_1910130.jpgd0074542_19101587.jpgd0074542_19103071.jpgd0074542_19112479.jpg
d0074542_19112819.jpgd0074542_19113816.jpg
d0074542_19124673.jpg
d0074542_19125921.jpg
d0074542_19131524.jpg
d0074542_19153946.jpgd0074542_19155288.jpg
d0074542_1918069.jpgd0074542_19181371.jpgd0074542_19182880.jpg


出演 南阿豆
音楽 佐藤行衛
企画 ユン・サヒョン
場所 韓国ソウル・インサドン・サミジ

佐藤行衛さんHP http://www.yogiga.com/yukie/Japanese/jp_index.html
南阿豆さんHPhttp://minamiazu.web.fc2.com

オマケ~。

d0074542_19324442.jpgd0074542_1932591.jpgd0074542_19331419.jpg
d0074542_19333179.jpgd0074542_19334562.jpgd0074542_19341734.jpg


d0074542_19362038.jpg



昨年11月に茨城県で出会い、日本人と韓国人のあいだで結ばれた友情は、

約束の地ソウルで果たされた。そしてさらに輪が広がり夢ふくらむ。

どんなであれ、自由である幸せな時代に、共に生きていること。すべてに感謝!   出町光識


↓本日のエレキング!行衛さん!!




応援のクリックをぽっちぽっちとでござる。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-11 19:28 | 美術to工藝
韓国電撃怪獣エレキング
d0074542_7123620.jpg


(ピット星人?ちがうか。)

韓国へと南阿豆さんや飯田晃一さんと旅立ったオイラだが、

それはまるで西遊記か何かのように、登場人物(怪獣?・怪物?)が次々に現れる。ははは

いやいや、これは秘密の話だが、実は南さんや飯田さんはピット星人で、

『地球の男性は可愛い女の子に弱い』と地球侵略に来からかも知れない。


d0074542_723983.jpg韓国電撃怪獣エレキング

d0074542_7131545.jpg


その証拠に韓国電撃怪獣エレキング?こと、ソウル在住ミュージシャン 佐藤行衛さんを出現させた。

怪獣データ
別名:宇宙怪獣
身長:0.3~85メートル(尾を含めた全長。頭頂高53メートル)
体重:50グラム~2万5千トン
技 テーブル・ノイズ・ギターによる電気攻撃。

佐藤行衛さん(ここはマジです) http://www.yogiga.com/yukie/Japanese/jp_index.html

佐藤幸衛さんのプルガサリ ライブシリーズ http://www.bulgasari.com/

その日ソウルのホンデにあるOIクラブで、電撃作戦でライブ公演が決まった。

出演 南阿豆 飯田晃一
音楽 佐藤幸衛
企画 ペッキ

無論言うまでもなく佐藤さんの助けがあり、その実現をしたのだが南さんも飯田さんもラッキーだった。

そしてもっともフォースを使い手助けしたのは、宇宙大王ペッキでした。

さて、ライブ写真公開。

d0074542_7393644.jpgd0074542_7395083.jpg


d0074542_740154.jpgd0074542_740112.jpg


d0074542_7402676.jpg


佐藤さんの演奏は前もって日本で、YOU TUBEで見ていたのですが、

実際に聞いたら、楽しくてとっても良かったです。今回は現地での映像がないので、

以下の即興演奏をどうぞ!




これさ~、こっちのが佐藤さんらしいかな~↓ (ははは)





佐藤さんは打ち上げのとき、手塚治虫先生のマンガを熱く語り、

「ふしぎなメルモちゃん」をフルコーラスで歌ってくれました。よく覚えてるな~と共に、

オタクじゃん!どんなジャンルで活躍していても、僕ら世代はマンガ、アニメで血ができているね。ははは

明日はインサドンでのピット星人VSエレキングの路上パーフォーマンスをBLOG報告。

佐藤さんありがとう!またあいましょう!     出町光識


追伸  『ああ。ウルトラアイが盗まれた~。』  こんなの分かるの佐藤さんだけですな。ははは



応援のクリックをぽっちぽっちとでござる。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-10 08:13 | 音楽
韓国美術、オイラはどうする?
韓国では美術に触れることができる。

日本ではなかなか美術館にはいかないオイラも、韓国では必ず時間があれば足を運ぶ。

d0074542_922895.jpg


(ゾウさん大好きだゾウ~。)

ナムジュンパイクアートセンター(ぺクナムジュン)http://www.njp.kr/ie.html

このアートセンターは新しく完成した白南準さん(もしくはペクナムジュン・ナムジュンパイク)の

美術館だから行かずにはおれない。子どものときからテレビっ子なオイラが、

極私的美術史なかでアーティストの名前を知る創世記のひとりである。

カラーバーを見ただけでナムジュンパイクだ~。と喜んだのはいったい何歳ぐらいの稚児だったのか?

おもえばナムジュンパイクさん、リーウーファンさんと韓流ブーム?は早かったかな。



d0074542_9345015.jpg


それからソウルアートセンターでは、アジア初大々的なクリムト展を見た。

d0074542_9353895.jpg






(クリムト筆者合体の図
 お~!モーレツ!)


クリムトさんのドローイング線の愛撫さ、そのモノクロと作品に意向するカラーのどちらもが

異なる存在として美しい。そして図録では見たことのなかった大作に、久々に絵に感動する。

小品の版画もデザインやはりヨカッタ。堪能。



d0074542_9531363.jpg

国立現代美術館は韓国若手アーティストの作品展がやっていた。

こちらも中年オヤジとしては刺激的で面白かった。オヤジ節で気になることをいえば、

日本若者が日本らしさ無用のように、韓国らしさも韓国若者には不要なのかな?

無国籍な美術(アートシーン)はそれはそれで良いと思が、最終的にはそれでしかない。

でも中年オヤジ負けてはいられない。独立独歩!はははは。(空元気か~!)



韓国で美術に触れて、楽しかった思考が帰国すると、さらなる波が押し寄せる。

日本でも人に会ったり、人と電話で話をもっと刺激を受ける。

作家虎の巻
①メガネっこ : 作家の思考は近視禁止。遠視もいいが、乱視最高で行こう!
②食いしん坊バンザイ : 地と血が共鳴する食事があえば、そこに移住すべし。
③夏目漱石の本 : あふれるエネルギーの鬱爆発。
④アートゲリラ : 三流でいこう!二流は一流の続属す存在。三流は超える潜在をもつ。
⑤色眼鏡 : 観方を変える味方は視点輪廻と視点流転。

みなさん、ありがとうございます。忘れっぽいのでメモしておきます。

さあ、41歳の元祖天才バカボンのパパだから、

岐路亡羊に立てること、嬉しきかな熟れしきかな。  決めるべし。  出町光識


d0074542_11122266.jpg


追記 韓国食事、韓国野菜、マッコリ、キムチ。。。。体内備蓄切れレロレロ。。。
    体がほっする嗚呼ソウル。 シクサ。。。。。ジュセヨ。。。。嗚呼千手観音。


応援のクリックをぽっちぽっちとでござる。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-09 10:44 | 気になるおしゃべり
身体表現 in 通仁09
神に創られた午後の春光射すなか、愛しい泥鰌の汚れ濁る水槽を丹念に洗う。
新たな透明な蛍光灯の水影瞬く四角い水に、泥鰌は嬉しそうに天地舞い踊っている。
泥鰌という名を持つが、泥底に引き籠り潜むだけでなく、魅惑な長い身体をくねらせて、
天真爛漫に水と戯れたいのだ。底を知る泥鰌だからこそ、品よく美しい生き物である。



以下 身体表現 in 通仁09

d0074542_2404025.jpgd0074542_2405778.jpg
d0074542_2431577.jpg d0074542_2432832.jpg
d0074542_241970.jpg d0074542_2412925.jpg


d0074542_2452267.jpg d0074542_2453460.jpgd0074542_2473255.jpg
d0074542_2474933.jpgd0074542_2495885.jpgd0074542_2501678.jpg



d0074542_2524781.jpg



d0074542_2524678.jpg




d0074542_253136.jpg



出演:飯田晃一・南阿豆
音楽提供:小笠原幸介・南阿豆
(出町光識 第5回通仁ギャラリー個展・春∞無限爛漫オープニングイベントより)

飯田晃一さん(サトナミハル) 芸術身体研究所 http://artbody-labo.net/
南阿豆さん  http://minamiazu.web.fc2.com


応援のクリックをぽっちぽっちとオシオシさ~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-08 03:10 | 美術to工藝
ドローイング09韓国
d0074542_0322349.jpg


(ダンスドローイング09AZU 韓国 筆者作)


通仁ギャラリー個展初日。韓国にまでは来たけれど飛んだ呑んだくれは、

搬入設置も終わり。俎板の上の恋だと、鯉の開きなおり也。くだらん。

壁面にドローイングでもすべ~、としていたが、酔いどれて宿題はやり残したまま。


まさに酒でドロドロドローイング~だ。まあ、お客さんがいるとこで描くしかない。

でも気分はノラナカッタ。ダウンダウン・ブヒブヒ・バット!今回はそんなサイテイサン。


オープニングイベントで身体表現(コンテンポラリーダンス)をする南さん、飯田さんは

すでに気持ちを内々の宇宙に深く、インナーダイビングでいたのにな。爺自虐。


それでもオイラは描いた。恥をカクカクシカジカだ~。

d0074542_0461274.jpg









(ダンスドローイング09 韓国 筆者作)




カクカクシカジカ、手はつくした。



かち   かち   かち   かち   かち   かち  かち   かち   かち   かち   かち   かち



d0074542_0362076.jpgd0074542_0363361.jpg



メトロノームの音からパフォーマンスはハジマッタ!!    出町光識



応援のクリックをぽっちぽっちとさ~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-07 00:52 | 気になるおしゃべり
直前身体酒清め
d0074542_042645.jpg
(オイシイ~!マッコリ!)

韓国個展前日のこと也。

オイラのアトリエいた元スタッフ~の、ヒヨンさんのオモニから、くれぐれも呑みすぎないよう

早めの帰宅と明日への個展に備えなさいと忠告されるが、やはり呑みすぎる。

にんげんだもの。 愛だ!道だ!嗚呼、オモニ。ごめんなさい。

親不孝という病気は他人の母にもするのでしょうか。馬鹿である。

それでもマッコリが大好物だから、男はパーボで仕方がない。

なかでも写真にある銘柄マッコリはとても美味しかった。イチオシ!

最近マッコリが酒類で売り上げを伸ばしている韓国。ウマスギル!

ましてや、ユン・サヒョンさんのスタジオへと、テーブルとイスごと出前された料理もまた美味い。


d0074542_0215777.jpg

(マシソヨ~!!)




そしてカラオケ~♪

d0074542_0282541.jpg



(締めはみんなで浪漫飛行だったような。)


呑んで呑んで呑まれて呑んで。。。。代行運転でユラレユラレ夢心地で着いたのは、

一緒に呑んだオ・ジュヤンさんのヤンガミュージアムのアーティストレジデンス。

個展で身体表現するサトナミ・ハルこと、飯田晃一さんと、南阿豆さん。そしてオイラを

韓国のチング達は本当に歓待したのだ。いつも以上にね。

それだけユン・サヒョンさんをはじめ、後輩の皆さんとのソウルへの出会いまでに、

大変な苦労と下準備があったのだろう。想像に容易い。ありがとうサヒョン!

個展直前に日本人と韓国人一緒になり、持つべきものはナントヤラ~タントラである。 感謝多謝!!





呑みすぎただろうに。。。。個展初日の早朝。

d0074542_046378.jpgd0074542_0462183.jpg

それぞれの場所にて、それぞれ心。南さんと飯田さんは身体のメディテーションをしていた。

身体はお酒にて大波に多く揺れ合い、心は独りで凪いでいる。人間とはイトオカシ。     出町光識


飯田晃一さん(サトナミハル) 芸術身体研究所 http://artbody-labo.net/
南阿豆さん  http://minamiazu.web.fc2.com

YOUNGEUN MUSEUM http://www.youngeunmuseum.org/



応援のクリックをぽっちぽっちとさ~。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-06 01:02 | 気になるおしゃべり
韓国から帰国。
d0074542_2356391.jpg



本日、韓国から無事帰国。



d0074542_23574287.jpg


毎日がマッコリ三昧酒三昧の遠足の旅かな?


明日からBLOGで少しずつ珍道中は報告。

皆さんからのコメントや、メールの返事もゆっくり返信していきますね。


それでは今日はオヤスミナサイ。。。。   出町光識


応援のクリックをぽっちぽっちとおねがい。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by super-bird | 2009-03-04 23:59 | 海外
窯印
昔から焼き物には窯印というものがある。共同窯で薪窯焼成したこともあり、

後でどこのだれが作ったものか判るように、壷などの肩越しに印しを刻み込んだ。

その印しやサインは自分で作ったものという目印だけでなく、強い火炎で何日間焼かれても

無事割れないようにお呪いの意味合いの絵でもあったと、本で呼んだことがある。


オイラの焼き物でいえば、このところは今迄みたいな手書きサインは辞めにして、

自分で彫った鳥の判子をサイン(窯印)している。

たとえば絵織部カップ。。。

d0074542_19131810.jpg


見えにくいが胴辺りの緑部分が鳥である。


他にも絵織部丸皿の裏面など。。。。

d0074542_19162469.jpg


この写真では良く見えにくいな。。。スミマセン。。。
(右手の高台が花柄の皿の上部あたり。)


ちなみに絵織部丸皿の表面はこんな感じ。。。

d0074542_19225592.jpg


鳥さんがいっぱい遊んでいる絵付けが描いてありますぞ。


2009 新作から窯印は鳥でいきます。

もちろん火で焼かれる焼き鳥ではありませんよ~。 火の鳥ですわ。

これら新作は韓国 ソウル個展から始まります。 本日も空輸発送。

火の鳥、飛びます跳び増す。ハイ。   出町光識


応援のクリックをぽっちぽっちとくだされ。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気ブログランキングへ


~展覧会のお知らせ~

小田急線 成城学園前駅コルティ2F ヘンデル&グレーテル本店
2月6日からテーブルミニ個展。


【黒のゆらぎ展】 ぐいのみ・抹茶碗展 Trad Meister Club gallery さん
2009年1月16日から3月15日まで期間限定ネット開催。
[PR]
by super-bird | 2009-02-13 19:40 | 気になるおしゃべり