人気ブログランキング |
<< 朝食会と朝搬入 サボアヴィーブル06個展搬入日 >>
サボアヴィーブルで作品を前に
サボアヴィーブルの初日にオーナーTさんが作品を前に

話してくれた言葉のいくつかのことが心に染みてきた。

そのひとつ。

d0074542_20122078.jpg

僕は今回うつわを作っている感覚ではなく

あくまでも『花』を作りたいと感じて制作していたのだけど

結果としてそれはうつわという方向性に近くなっていると言われました。

植物としての花への思いはとても工芸的であり

美術(ここではオブジェとして)というより

日本的意識であったのです。

うつわが開いている閉じているというかたち事態が

考えてみれば植物としての花のありかたなのだろう。


たとえば、昔ながらの輪花、割り山椒など。。。。 もちろん土器でもね。


以前から僕はかたちとして壷よりも鉢が好きなのだ。

それは咲いた花のように誰かの来るのをそっと待っているからね。  出町光識

皆さんのポチットクリックはいつも励みになります。

にほんブログ村 美術ブログへ

人気blogランキングへ
by super-bird | 2006-11-28 20:13 | 美術to工藝
<< 朝食会と朝搬入 サボアヴィーブル06個展搬入日 >>